中国会社設立サポートセンターTOP

> そこが知りたい!中国会計・税務

長期前払費用


長期前払費用は、日本と同様に会社が支出しその支出の効果が及ぶ期間(償却期間)が1年を超える費用のことを指します。

開業当初に問題となるのが開業のための準備にかかった費用です。

会社は、営業許可証(仮)が交付されるとその日から毎月申告作業が始まります。

それまでに会社の名称を付して入手している領収書(発票)があれば計上していくことになるのですが、
以前は(企業所得税法上)5年以上の均等償却という規定があったのですが、

 

現在この規定が削除されていますので、その経営を開始した日の属する月の損益に全て費用計上しています。

 

現在の企業会計制度においては、発生時に費用処理されることになり、上記から税務上も問題無いというわけです。
その他は新株発行に寄る費用は、その他関連費用と含め、費用計上となります。

その他はその支出の効果が及ぶ期間で償却することになります。

 

それよりもいかに会社設立前(会社名が確定していない)間に掛る費用の処理(不動産の契約金など)が

大変なのですが、、、それは次回。

 

衣川@上海事務所

 

お問合せはこちら

小冊子無料プレゼント

中国進出支援 上海便り
このページのトップへ
中国 上海での会社設立は中国会社設立サポートセンターへお任せください。
東京、大阪、名古屋、浜松にて無料相談受付中
お問合せ
メール無料相談
  • TOP
  • 中国 上海で会社設立をご検討の方
  • 中国 上海で会計事務所をお探しの方
  • 中国 上海で活躍する元氣社長の声
  • 料金案内
  • 会社概要